スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【遊戯王】2011年3月 制限改訂。

今更ながらちょっと考察を。

制限リストは以下。


【禁止】
ゴヨウ・ガーディアン
大寒波
マスドライバー

【制限】
オネスト
ダンディライオン
BF-月影のカルート
月の書
六武の門

【準制限】
カードガンナー
大天使クリスティア
魂を削る死霊
デブリ・ドラゴン
王家の生け贄
オーバーロード・フュージョン
巨大化
神の警告
ゴッドバードアタック

【解除】
カオス・ソーサラー
終焉の王デミス
スナイプストーカー
氷結界の虎王 ドゥローレン
封印の黄金櫃
スキルドレイン
血の代償


これで確定の様子。


数も少ないし、ちょっと考察。


《ゴヨウ・ガーディアン》
このタイミングでの禁止入は正直不可解。
確かにレベル6,縛りなしのシンクロでは猛威を振るっていたけれども。
同じシンクロ条件の《氷結界の龍 ブリューナク》の方が強力、という声も多い。
《ゴヨウ・ガーディアン》はあくまで戦闘で効果を発揮するモンスターであり、
フィールド全体に干渉する《氷結界の龍 ブリューナク》程の影響はないと思ったのだが。

これでモンスターのATKのラインも大きく変わるだろう。
2800ラインというのが実質崩壊(するかな?)。
今までよりも多くのモンスターを見れる様になりそうだ。

個人としては残念。
初期から活躍していたし、ゲームのバランスの中心に居たような(?)存在なので惜しい。



《大寒波》

これも個人的に残念。
中々使いやすく、防御策、攻めにも使えるカードだった。
確かに《大嵐》がない環境でバックを使わせない、増やさせないというのは強力。
もっと罠を使わせよう というコナミの思惑でもあるのだろうか。


《マスドライバー》

バーン系の1killは好きじゃないです。
以上。




《オネスト》

これはライロ最盛期であっても良かったような裁定。
やはり代行者のトップメタを見越しての事だろうか。


《ダンディライオン》

デブリダンディ、クイダンなどと呼ばれるデッキの中枢を担ったカード。
これもそれらのデッキをトップヘ導いたカードであるので致し方無いだろう。


《BF-月影のカルート
前環境でも結局トップを維持したであろう【BF】のコンバットトリックカード。
この改訂は頷ける強さ。
だが《BF-蒼炎のシュラ》は無制限でいいのだろうか?


《月の書》
そんなに悪いことしてないような気も。
【真六武衆】などの1killを止めるなどの活躍は見れたと思うのだが。
「シンクロ推奨環境」でもつくろうというのだろうか?


《六武の門》
これは仕方ない。
強さは周知のとおり。


《カードガンナー》
なんで制限入したんだっけ?


《大天使クリスティア》
これを減らしても、代行者の強さはそこまで減らないと思われるが。
まぁ妥当かな。


《魂を削る死霊》

最近よく採用されているカード。
強力。


《デブリ・ドラゴン》
《ダンディライオン》とセットで悪いことした子。
準制限なら然程影響はないか。


《王家の生け贄》
これからの環境を見越しての改訂?


《オーバーロード・フュージョン》

1kill助長カード。
【未来ショッカー】などがまた息を吹き返すのだろうか?
これからの環境でどう使われるかが楽しみ。


《巨大化》

まぁいいんじゃないですか?

《神の警告》

新規から猛威を振るったカード。
最近は《奈落の落とし穴》よりも此方を優先するプレイヤーも多い。
かと言ってライフコストの関係から2積みがデフォの構築が多いので、
これまでと同じように使われるだろう。

《ゴッドバードアタック》

【BF】の強さの秘訣。
1枚減少がどれだけの影響をあたえるだろうか。
強力なのには変り無い。
《BF-月影のカルート》の制限化とともに、開いたスロットに何を入れてくるのかが気になる。


《カオス・ソーサラー》

割と意外。
往年の【リクルカオス】は再来するのだろうか。
今期使ってみたいカードかも知れない。

《終焉の王デミス》

【デミスボンバー】(確か)での活躍で制限入?だっけ。
《ダーク・ダイブ・ボンバー》が亡き環境だが、活躍は十分に見込める。

《スナイプストーカー》
個人的には【魔轟神】との併用が好き。
破壊は不確定な為、《スターダスト・ドラゴン》を破壊できる(かも知れない)のも魅力。

《氷結界の虎王 ドゥローレン》

《マスドライバー》や《ダーク・ダイブ・ボンバー》と《継承の印》で悪用されたカード。
《マスドライバー》亡き今準制限である必要はないでしょう。
更なる悪用に期待。

《封印の黄金櫃》

《ネクロフェイス》の関係で準制限だったのかな?
これはまた【ネクロデッキデス】に復活の兆し?
【IF】でもキーカードのサーチによく採用されてました。

《スキルドレイン》

モンスターが強い環境では刺さる一枚。
《大嵐》がない環境で3積みは中々の脅威。

《血の代償》

なぜ今まで規制がかかっていたのか?
【カラクリ】で採用すると爆発的な威力を発揮するので、注意が必要かも。



っとまぁこんな感じかな。
総評としては、妥当かな?というライン。
商売事情がよく見える制限改訂です。

これからの環境がまたどう変わっていくのかが楽しみ。





















エクシーズは・・・うーん現在のルールとの干渉具合がちょっと。
《レベル制限B地区》スルーするってのとか《超古代生物の墓場》とかすり抜けちゃうんだよね・・・?

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。